2020年9月22日「転生について」記事更新

アタッカー育成まとめ(ルート/ステ振り/〆アニマ)【ななれん攻略】

※2020年8月31日更新

  • ドラゴンルートにBフレイスニル反映
  • ゴーレムルートにSリベロシャトル反映
  • 獣オススメ〆アニマ追加

どーも、電脳管理人です。

前回は「アニマの役割を知って育てるアニマを考えよう」

どんなアニマを育てるか、なんとなく定まったかと思います。

今回は前回の「型」をどのように育てていけばよいのか?

まずは一番重要である

アタッカー育成ルートについて説明していきます。

  • ステータス振り
  • 3転生までの基本ルート
  • 4転生目の属性別ルート
  • おすすめ〆アニマ

このあたりについてご紹介します。

ちょっと長いかも知れないので、面倒な人は目次から読みたいところに飛んでくださいね!

一般的なルートだと自分では思っていますが、あくまで私のやり方なので「おかしいな・・」って思ったら自分のTwitter(@dennou_manshon)に「おかしいぞ!!」って連絡下さい。

アタッカーのステータス振り

ルートに行く前に少しだけステータス振りについて説明します。

一概には説明できないのですが、今回紹介するヒートやレイトフォースなどの純粋なアタッカーの場合

幸運に1だけ振り、残りは攻撃全振り

幸運250調整、残りを攻撃全振り

幸運に1だけ振り防御調整、残りは攻撃全振り

だいたいこの3つになります。

パターン①

①はそのまんま。幸運に1も振っていない状態だと幸運は0ですよね。

1以上になるとクリティカルが発生するようになるので1だけ振って残りは攻撃に全部振ります。

パターン②

こちらはクリティカル重視。

幸運値は250でクリティカル率30%でMAXとなります。

3転生目だと幸運値に48振ると250突破、4転生目だと45振ると幸運値250突破になりますので、この数値だけ幸運に振り、残りは攻撃に全振りです。

この振り方が現状一番多いステ振りになります。

ちなみに私はこの振り方推し。

実際にすらいむさんの討伐シュミレーターを使うとわかりますが、幸運45振りの方が勝率が上がることが多いです。理由は45攻撃に多く振れたところで一撃で倒せないケースが多いからです。クリティカルは2倍ダメージなので、一撃で倒せる可能性が大いにあります。それなら45幸運に振って30%の確率でクリティカルで一撃で倒せる方が強いってことですね。

MEMO
転生の幸実(幸運ステータス+7)を使って4転生目を迎えた場合、幸運に44振れば250を超えます(45振らなくていい)

パターン③

アタッカーの中でもバランス振りと言われる形です。

防御を4500、もしくは5000になるように振って調整、あとは幸運に1だけ振って残りを全て攻撃に振ります。

幸運に45振ってもいいのですが、ここまですると①パターンとの攻撃力の差が結構すごいです。

ソロで回ったり公開討伐に入ったりする場合などタンクがいない場合に安定する型ですね。タンク不発時に一撃で落とされないのも良い点ですね。

アタッカー育成ルート

それではポピュラーな型である

  • ヒート引継ぎ型
  • レイト引継ぎ型

これらについての各属性ごとのルートを紹介します。

基本的には必要なアビリティをLvMAXになるまで引き継いで、ラストの4転生目で使いたいアニマで〆る形になります。

最初だけ、ヒートアタッカー育成を例にして詳しく説明します。

ヒートブレイブ型

ヒート3転までの育成ルート

※2020年追記~ヒート持ちアニマ追加

ヒートブレイブはSSアニマのみ所持しているアビリティです。所持アニマは以下4体。

  • バルドレオン(SS獣)
  • オルグラム(SSゴーレム)
  • ヴァルキュレア新春ver(SS魔法)
  • ラフレーヌ(SS魔法)

ヒートブレイブはアビリティLv3MAXになりますので、4転生までに3回ヒートブレイブを引き継ぎます。

どのアニマになる場合も3転生までは全て一緒です。

バルドレオンオルグラムヴァルキュレア新春verのどれかに3回転生します。育てる時点でのアニマ錬成素材の価格が一番安いアニマで問題ありません。

ヒートアタッカーを作る例として、3転生目までをSTEPごとに見てみましょう。

STEP.1
無転生:バルドレオンに錬成
ニラマル(D)ココトリス(C)ディアフックス(B)カゲロウ(A)ジャックロウ(S)バルドレオン(SS)

バルドレオンになれればSまではどんなアニマを通っても大丈夫

STEP.2
転生する
育てたバルドレオンLv99を転生の実を使って転生!バルドレオンのアビリティ「ヒートブレイブLv1」を引き継ぐ。これでヒートブレイブLv1を引き継いだ転生アダムLv5が誕生。
STEP.3
1転生:オルグラムを育成
1転目は気分転換にオルグラムにしてみます。

転生アダム(E)コハクロン(D)ラウンドゴーレム(C)ルインアーマー(B)ベイパースチーム(A)バルディッシュ(S)オルグラム(SS)

あくまで例なので、STEP1とおなじようにバルドレオンになっても勿論大丈夫。この時点でヒートブレイブがLv2になります。

STEP.4
転生
育てた1転オルグラムLv110を転生。ヒートブレイブLv2を引き継ぐ。
STEP.5
2転生目:再度ヒートブレイブ持ちを育成
STEP1と同じようにバルドレオンを育成。この時点でヒートブレイブのLvが3(MAX)になります。
STEP.6
3転生目:適当なアニマになる
ヒートブレイブLv3を持ったLv120のアニマを転生します。次の3転生目はヒートブレイブのLvがすでに3でMAXになっている為、適当なアニマにして育てます。※3転生目は極論、Lv130になればどんなアニマでも転生できるのでニラマルで転生することも可能。ヒートブレイブを引き継ぐことだけ絶対に忘れないように

基本的にはこんな感じで適当なアニマを1回挟みつつ、3転生目まで行きます。これが3転生までのヒートブレイブ育成ルートの基本になります。

※適当なアニマに転生するタイミングは無転生の時でも3転生目でもどこでも大丈夫です。無転生の時点でヒートのアニマを買う余裕がない場合は無転生の時に適当なアニマに転生するのをオススメします。

ヒートオススメ〆アニマ

メインのアタッカーになるため、できるだけ攻撃力は高い方が良いです。

「ステータスが優秀」又は「アビリティが優秀」のどちらかで〆のアニマを決めましょう。

そして一般的に最初に作るべきヒートアタッカーはドラゴンと言われています。4転生のドラゴンを作れば、だいたいのアロマ討伐はソロクリア可能になります。中でも

  • ファムラウル(Lv1パワースマッシュ)
  • ティヴァール(Lv1フルスラッシュ)

この2体はステータスが優秀でなおかつ〆のアビリティとしても非常に優秀なので、作ったら非常に心強いです。

あとは好みになりますが、攻略が困難な測定不能アロマ戦を想定して増やしていくのが良いと思います。

ヒート:4転生目ルート(獣)

〆のアニマを獣族にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
グラベルウィスプ(C)

錬成素材「虚ろ火の囲い」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.3
リトルブレイズ(B)

錬成素材「篝火の報せ」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.4
カゲロウ(A)

錬成素材「隠逸の心得」

アビリティ「スウェイクスルー」

STEP.5
自由枠(S)

ジャックロウの場合

錬成素材「蒼黒の飛音」

アビリティ「Lv1カーズパワー」

 

シェートロンの場合

錬成素材「徹尾の名残」

アビリティLv1レイジブースト

STEP.6
SS獣で〆
完了

ルート説明

作る人は少ないですが、獣族でヒートアタッカーを作る場合、価格の高いブンチュ(C)を通らなくてもBまでは魔法ルートでグラベルウィスプ(C)、リトルブレイズ(B)でカゲロウ(A)まで行けるのでコストを下げることが可能。

獣ルートの特権ともいえる、カゲロウの「スウェイクスルー」アタッカーだとしてもタンクのピックヘイト不発を考えて取得しておきたいマストアビリティ

獣のオススメ〆アニマ:シンキロウ

獣族で一番攻撃値が高くリグベインもヘイト不発で万が一やられた時の保険として優秀です。ぶっちぎりの速さも持っているので、優秀なアタッカーになってくれます。

そもそもヒートの〆として獣をチョイスしている人は結構少ないです。性能としてはシンキロウが頭一つ抜けているのでオススメ。

 

獣のオススメ〆アニマ:コウコビャク

非常に優秀なステータスを持ち、高難易度で重宝する「ガッツ」持ち。

PPPでもPvPでも非常に重要となるアビリティの為、〆で取ることが出来ると装飾でガッツを付ける必要がなくなるのでオススメです。

 

活躍できる場面:砂塵の楼閣」

個人的に、一番厄介なアロマ戦。この討伐に1体獣で優秀なアタッカーがいれば戦闘が楽になります。

ヒート:4転生目ルート(魔法)

〆のアニマを魔法生物にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
アクアリア(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
グラベルウィスプ(C)

錬成素材「虚ろ火の囲い」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.3
リトルブレイズ(B)

錬成素材「篝火の報せ」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.4
ファイアドレイク(A)

錬成素材「立ち昇る渦火」

アビリティ「Lv1フルアタック」

STEP.5
モビィシエル(S)

錬成素材「冒険の始まり」

アビリティ「Lv1フルアタック」

 

ヴァルキュレアの場合

錬成素材「高潔な導き」

アビリティ「Lv1ブレイクアーマー」

 

ネイアディーネの場合

錬成素材「青のうねり」

アビリティ「Lv1カーズパワー」

STEP.6
SS魔法で〆
完了

ルート説明

魔法ルートはA・Sのどちらかでフルアタックを取得するのがおすすめ(測定不能などで使う事がある為)

フルアタックは指南書でLv2が実装されているので、空きスロ×2の装備にLv2を2つ入れればLv4のフルアタ装飾品が作れます。そのため、ルートの中でLv1を取っておけば1つの装飾品だけでLv5MAXまで上げることが出来るので通る価値はあります。

デバフを使いたい場合はカーズもしくはブレイクを取るのも悪くはありません。

魔法のオススメ〆アニマ①:ドールミア

獣同様、リグベインを持っている点が強みです。ただステータスが少し低め。

 

魔法のオススメ〆アニマ②:ヤズィート

全アニマ中3位の攻撃力を誇るイケメン。

攻撃全振りになりがちなアタッカーは強い敵だと一撃で殺される可能性もあります。

速さも振っていない場合が多い為、仲間のピックヘイトが発動しないと攻撃できずに死ぬ場合があります。

ヤズィートの持つ「ライズフェンス」は〆採用の場合は1ターンのみですが、一撃で落ちる事故を減らしてくれます。

アタッカーでも役立つライズフェンスってことです。

 

魔法のオススメ〆アニマ③:アールラチカ

高い攻撃力と体力、悪くない速さ。所持アビリティ「ファストアクセル」の便利さが素晴らしいです。

ほとんどの敵に対して1ターン目は先手を取って一撃を入れることが可能。特に弱点を付けるゴーレム属性の敵は回避をしない敵が多いので、確実に重い一撃を入れることが出来るのは大きいです。

ちなみにこの子がいると「深海の絶機種」体力スタンドなしで攻略可能になります。

管理人は魔法アタッカーをアールラチカにしています。

※追記~PvPでも先手を取れることでかなり注目のアニマになりました。

ヒート:4転生目ルート(ゴーレム)

〆のアニマをゴーレムにする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
コハクロン(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ポットミック(C)

錬成素材「軒先の擬態」

アビリティ「攻撃増加+5%」

 

グラベルウィスプの場合

錬成素材「虚ろ火の囲い」

アビリティ「攻撃増加+5%」

マグザントの進化前条件がゴーレム魔法の為どちらでも可能。安く済ませる場合はグラベルウィスプでOK。

STEP.3
マグザント(B)

錬成素材「抱えた熱量」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.4
ディーガンス(A)

錬成素材「海淵の冷炎」

アビリティ「攻撃増加+7%

STEP.5
リベロシャトル(S)

錬成素材「敏速な遂行」

アビリティ「Lv1スウェイクスルー」

ルート上でスウェイクが通れるので必ず通りましょう。

STEP.6
SSゴーレムで〆
完了

ルート説明

ゴーレムはAでディーカンス(攻撃増加7%)を通りましょう。進化前条件がゴーレム限定のため、Bランクはマグザントのみになります。注意しましょう。

Sはスェイクスルーを持っているリベロシャトルを取りましょう。

ゴーレムは非常に優遇されたルートになっているので費用が掛かりますがその分強いアニマになります。

ゴーレムのオススメ〆アニマ①:ツヴァイキリーグ

攻撃と防御のスタータスバランスの良さ、アビリティリグベイン持ち。〆に万能なツヴァイはヒートの〆でももちろんおすすめ。

 

ゴーレムのオススメ〆アニマ①:ムスヘル新年ver

全アニマ1位の防御力を持っている為、防御に振らなくてもそこそこ堅く、何よりもアビリティ「Lv1パワースマッシュ」を所持しているため、ヒートの〆としてトップクラスに強いです。

ヒート:4転生目ルート(無属性)

〆のアニマを無属性にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
グラベルウィスプ(C)

錬成素材「虚ろ火の囲い」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.3
リトルブレイズ(B)

錬成素材「篝火の報せ」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.4
フラシオン(A)

錬成素材「両手の伺い」

アビリティ「Lv1プロテクション」

STEP.5
トレンタ(S)

錬成素材「形容信仰」

アビリティ「Lv1パワースイング」

STEP.6
SS無属性で〆
完了

ルート説明

現状Aランクの無属性がフラシオンしかいません。進化前条件が魔法のため、グラベルウィスプリトルブレイズで攻撃増加を取るルートになります。Sランクも同様にトレンタしかいない為、無属性アタッカーのルートに関してはこのルートになると思います。

ただ、シャーマンキングコラボアイアンメイデンのみ独自ルートがあります。

無属性のオススメ〆アニマ:オーギウス

全体的にステータスが高く、何よりもシンキロウが出るまでは速さが全アニマで一番でした。

無属性は必然的に、討伐目標が「天睨竜」になるため、敵の速さである750を素の速さで抜けるのが非常に素晴らしい点ですね。

無属アタッカーについてはこちらの記事で詳しく書いていますので、是非見てみて下さい。

無属アタッカーの考え方と育成方法まとめ【ななれん攻略】

ヒート:4転生目ルート(ドラゴン)

〆のアニマをドラゴンにする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ブンチュ(C)

錬成素材「昼過ぎの催促」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.3
フレイスニル(B)

錬成素材「通ずる気脈」

アビリティ「攻撃増加+5%」

STEP.4
ロウシェン(A)

錬成素材「不変の三魂」

アビリティ「Lv1プロテクション」

 

ドラガイアの場合

錬成素材「烈火の息吹」

アビリティ「Lv1レイジブースト

STEP.5
プレシオルカ(S)

錬成素材「流気の栓」

アビリティ「Lv1プロテクション」

 

ジャンヴルムの場合

錬成素材「宣選の覗き」

アビリティ「Lv1パワースイング」

正直ここはどっちでも良いです。

STEP.6
好きなSSドラゴンで〆
完了

ルート説明

Bランクのドラゴンは進化前条件が「獣族」のため、Cランクで攻撃増加のアビリティを取得するにはブンチュを通るしかありません。

Bランク2020年8月に実装されたフレイスニル「攻撃増加+5%」を所持しているため必ず通りましょう

Sクラスは4転生目でレベル次第で飛ばしてSSになることもできるのでお金を使いたくない人は飛ばすのも一つの手です。

Sでジャンヴルムを通り「パワースイング」取ることもできますが使わないので必要ありません。装飾品でパワースマッシュを付けますよね。でも不発の時にパワースイングあった方が良いんじゃない?と思うかも知れませんが、ルート上で取得したアビリティの優先順位は装飾品より上です。つまりパワースイングをONにするとパワースマッシュがパワースイング不発の時に発動する、という順番になるため使う機会はありません。

プレシオルカのプロテクションは使う機会は限られますがあった方が良いくらいのアビリティ

ドラゴンであればどのドラゴンにしても強いので、好きに決めましょう。

レイトフォース型

レイトフォースはアビリティLv5MAXになりますので、4転生の〆も含めてレイトフォース持ちに転生することで初めてLv5になります。

レイトフォース持ちのアニマは下記4種類

  • ムスヘル(ゴーレム)
  • カクラショウ(獣)
  • レヴルス(魔法)
  • ルードヴェルク(ドラゴン)

4転生目で好きなアニマにする場合はレイトフォースLv4(発動率70%)となり、4転生目の〆も上記の4種類から選ぶ場合レイトフォースLv5(発動率80%)となります。

ポイント
4転生目の〆もレイトフォースを通り、レイトフォースをLv5にした上で5転生目で好きなアニマで〆ることで、最高の状態のレイトアタッカーを作ることが可能です。

5転生目の〆でムスヘル新春ver(パワースマッシュ)で〆ればレイトLv5+パワスマLv5が実現可能です。

レイトフォースのオススメ〆アニマ

完全に個人的な意見ですが、〆のアニマはゴーレム属性がオススメです。

レイトフォースを使う場面を考えてみましょう。基本的にはレイド戦になりますよね。

レイドボスの属性を考えてみると

  • 65000ptボス→無属性
  • 50000ptボス→獣属性

強くなって部隊レイドをやっていくと、おそらくこの2体の討伐がメインになってきます。そう考えると、どちらの弱点も付けるゴーレムがレイトフォースを輝かせるんじゃないかと思います。

4点目の〆にルードヴェルクを採用する人が多く見られますが、一番強いレイドボスは無属性のため、滅法弱く使えなくなるので注意してください。

「通常討伐でもレイトフォース使いたいっ!」

って人はもちろんルードヴェルクは汎用的に強いので、どんな場面で使いたいかを想定して育成しましょう。

まとめ

アタッカーについてわかりましたでしょうか?

長くて文字だらけでわかりにくいよって人がいたら・・・ごめんなさい。

こんな情報あったらいいなっていうのがありましたらご連絡下さい。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です