2020年7月2日更新!

アニマ紹介②:キュベレシア(万能スタンド)

タンクの育て方について書きましたので、現状の手持ちタンクの紹介をします。

この型やってる人見かけたことありませんが

自分で勝手に「万能スタンド」と呼んでいます。

限界突破が実装されたことで、ステータスを大幅に上昇させることが可能となりました。

それによって、この型は更に有用性を増したんじゃないかと思っています。

めざせスタンダード。

また結構せめてる型になるんですけどね・・・・

誰になんて言われようと

実際に討伐に困ったことはありませんので

有用な型だと思っています。

キュベレシア

 

スタンドショーを3回引き継ぎ、体力増加ルート、スウェイクスルーを通った獣族のタンク。

防御体力両方に振った型になります。

運用としてはシンプルに2通りあります。

  1. 体力スタンドとして運用
  2. 防御スタンドとして運用

4転生の実装と固有値の高いアニマの実装によって出来るんじゃないかと思い、作った型です。

※5月26日に限界突破が実装されました。今のアロマ討伐の環境だと、ますますバランス振りのタンク1体で事足りそうです。

アニマのポイント

〆のアニマをライズフェンス持ちにすることで防御スタンド運用した際の大切な1ターン目を高い確率で防衛

キュベレシアは体力が非常に高く、防御も悪くない数値なので〆に採用。

体力スタンド、防御スタンド両方の運用を想定。

想定する敵の目安はこの二つ

体力スタンド

⇒アルケミナの測定不能のお供のライコン

 

防御スタンド

⇒「霧隠れ朧乱破」「幻夢の心綺楼」

自分の場合はアルケミナの測定不能で耐えることができれば体力スタンドとしては問題ないかなと。深海の絶機種は速さ抜いて殴れば終わるのでスタンド運用はしていません。

バランスタンクの良いところは

ライコンも使ってくるけど通常火力も侮れない敵が出てくる討伐でも運用がきくこと。

わかりやすいのはアムラルーダの測定不能。

本体は高い体力でライフコンバートを使ってきますが、お供の魔法くんが高い火力でぶん殴ってきます。こんなタイプの複雑な討伐でも運用しやすいのが利点です。

ステータス振り

先ほどの画像で見ての通りですが、ステータス画面数値で

体力:7932(180)

攻撃:3413(0)

防御:5191(150)

速さ:804(14)

幸運:6(1)

余り:15pt

体力と防御をバランス振り。

速さに少し振っているのは諸事情でアムラルーダのお供の速さを抜くために調整したものです。

限凸すれば振る必要もないので無視してください。

ステータス振りのポイント限界突破が実装されたことで、そこまで神経を使って振り分けなくても両方の運用が出来そうです。〆のアニマによって振り方は結構変わるので各々で戦いながら調整してみて下さい。

アビリティ

獣は通常ルートでスウェイクが通れるのも利点ですね。

装飾品

体力スタンド運用時

普通の運用時。

防御スタンド運用時

コンビネーション装備。リリーチュアリ×2とか良いですね。

限界突破でステータスが大幅に上がった場合はアニマによってはサブアタとしても運用できるかも知れないので思うのでリリーヴェント×2でもいいかもです。

使用感

アルケミナの測定不能はこんな感じ。

1ターン目フルでくらっても少し余裕があるくらい。特に問題はありません。

まとめ

アニマ枠が5体しかない人にはむしろスタンド枠はこれでいい気がします。

4転生までは、体力極、防御極など振り方を変えて実際に使って見るのが一番です。

今後とんでもないHPの敵が出てライフコンバートを使ってくる局面が来たらきつい可能性が高いですが、まぁその時はその時です。

便利な型なのでおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です