2020年9月22日「転生について」記事更新

アニマの役割を知って育てるアニマを考えよう!【ななれん攻略】

※2020年7月13日更新

アタッカー、タンク、ヒーラーについて現環境最新に更新しました。

どーも、電脳管理人(@dennou_manshon)です。

前回は「アニマの転生と引継ぎについて」ご紹介しました。

じゃあ実際

どのアニマにして転生すればよいのか?

そもそもどう育てれば良いのか?

ななれんってかなりフリーなゲームだからこそ、

初心者の人は何をしていいかわからなくなりますよね。

という事で今回は

  • アニマの役割について
  • 何を育てれば良いか

このあたりに重点を絞って説明します!

アニマの役割

他のゲームと一緒で、ななれんにもある程度役割があります。

攻撃する係仲間を守る係回復する係・・・などなど。

名前が決まっているわけではないので自分なりに役割を分けるとこんな感じ。

  1. アタッカー
  2. タンク
  3. ヒーラー
  4. バッファー
  5. デバッファー
  6. 探索くん

細かく分けると更に枝分かれしますが、基本的はこれです。

ななれんは無課金でプレイする場合、最大5体のアニマを育成することが出来ます

この5体を何に当てるのかとても悩みますよね。

役割を紹介した後で、オススメのアニマ育成についてもご紹介します。

それでは役割を見ていきましょう。

①アタッカー

ダメージソースのメインとなる火力係。

アタッカーは大きく分けると2種類で

  • ヒート引継ぎ型
  • レイト引継ぎ型

に分けられます。

一番優先するべきはヒート引継ぎ型です。

ヒートアタッカー

アビリティ「ヒートブレイブ」を引き継いだアタッカー。

現環境のアタッカーで一番使いやすく、強いです。アタッカーと言えばこれ。

どんな相手に対しても戦える、汎用性の高いアタッカーです。

ヒート引継ぎルートは無転生~3転までの4回の転生の中で、3回ヒートブレイブを引き継ぎます

初心者さんも、できれば最初に育てていくのはこれをオススメします。

ただ、ヒートブレイブを持ったアニマ錬成は非常に高額です。ヒート持ちのアニマはこちら。

  • バルドレオン(SS獣)
  • オルグラム(SSゴーレム)
  • ヴァルキュレア新春ver(SS魔法)
  • ラフレーヌ(SS魔法)

高額なだけに、それに見合った強さであり、ななれん生活に必要不可欠なパートナーとなります。

※5月4日追記~ラフレーヌの実装、バルドレオンのピックアップガチャ登場などで少し価格が下がったので以前よりも育てやすい環境になりました。

ヒートの良い点/悪い点
  1. どんな敵にも対応できる!
  2. 3転すれば3ターン攻撃1.5倍
  3. 現環境の短期戦に向いている
  4. 相場が高い為、育成に時間が掛かる

アタッカーの〆のルートについては下記参照にしてみて下さい。

アタッカー育成まとめ(ルート/ステ振り/〆アニマ)【ななれん攻略】

レイトアタッカー

アビリティ「レイトフォース」を引き継いだアタッカー。

1ターン気合をためて、2ターン目で2.5倍の攻撃を繰り出します。ヒートブレイブに比べて相場が安く、作りやすいアタッカー。

しかし現環境である、短期戦という意味で考えると汎用性が高いとは言い切れない。

活躍する場としてはレイド戦と長期戦になるアロマ討伐です。

レイド戦も、敵の攻撃を堪え切れれば10ターン攻撃するチャンスがあるので、高い攻撃力でゴリゴリ削ります。レイトフォース持ちのアニマは下記4種類

  • ムスヘル(ゴーレム)
  • カクラショウ(獣)
  • レヴルス(魔法)
  • ルードヴェルク(ドラゴン)

しかし短期戦には向いておらず、やっと攻撃できても回避なんてされたら目も当てられません・・・。しかしヒートブレイブよりもずっと簡単に作成できます。

レイトの良い点/悪い点
  1. 2.5倍の重い一撃で気持ちぃぃ!
  2. レイドで活躍できる!
  3. 相場が高くない為、育成が捗る
  4. 現環境の短期戦には向いていない
  5. 回避持ちの敵に弱い

フルスラアタッカー

2020年7月13日追記~フルスラの引継ぎに関して全体的な見直しをしました。

アビリティ「フルスラッシュ」を引き継いだアタッカー。

  • SSドラゴン「ティヴァール」
  • SS獣族「イルオーヴァ夏ver」

どちらかのアビリティフルスラッシュ」を3回引き継ぐ型になります。

フルスラッシュフルアタックの上位互換で、20%減の全体攻撃+1体毎に攻撃が5%上昇する効果を持っています。その為、上級者のメインとなる測定不能のアロマ討伐で非常に活躍します。

ヒートを引き継げない分、初手の火力はヒート引継ぎに劣りますが、長期戦や全体の戦力を削る際に重宝します。

現状、装飾品での実装はなく上記で触れた2体のアニマのみ所有しているアビリティになっているので、いずれにしてもヒート同様の資金繰りが必要。

ここまで言っておいてなんですが、フルスラはアビリティの発動率がLv1の段階で50%という結果が出ています。

この記事を書く前の段階では一般的な発動率(Lv1⇒40%、Lv2⇒60%、Lv3⇒80%)だと思われていたのですが、実際はLv1⇒50%、Lv2⇒60%、Lv3⇒70%という〆の採用で生きやすく引き継いでも発動率がそこまで上昇しないという結果になりました。

その為、一般論で行くと素直にヒートブレイブ引継ぎ⇒フルスラ〆の育成がわかりやすく強い型ってことになります。

そんなフルスラですが良いところもあります。

フルスラッシュの良い点/悪い点
  1. 現状一番高い倍率で全体攻撃が出来る!
  2. フルスラ発動時自身にバフが掛かる!
  3. 装飾品の自由度が高い
  4. 短期戦では火力が出しにくい
  5. 敵が1体の時は真価が発揮されない

ヒートとの差別化として、ターン制限がなく長期戦で光ります。

特に3の「装飾品に空きが出来る」というのは、状況によっては大きなメリットになります。ヒート引継ぎの場合は基本的に装飾品で攻撃系アビリティ(パワースマッシュなど)を搭載する必要ですが、フルスラの場合はフルスラ自体が攻撃系アビリティの為、攻撃UPを積んだりガッツ、スウェイク、もしくは特効装備を付けられる自由度があります。

・・・・とまぁ一生懸命応援するとこんな感じです笑

②タンク

敵の攻撃を引き付け仲間を守る役。こちらも大きく分けると2種類。

  • ピックヘイト型
  • スタンド型

ピックヘイト型は優先順位の高い役割です。

ピックヘイト型

アビリティ「ライズフェンス」を引き継ぎ、装備で「ピックヘイト」を付ける形。

この形が一般的で「ライズピック」とも呼ばれています。

ライズフェンス(戦闘開始直後1ターンの間防御1.5倍)を3回引き継ぐことでアビリティLvMAXとなり3ターンの間防御を1.5倍にすることができます。

これに敵からのヘイトを集めるアビリティ「ピックヘイト」を付けることで仲間を守る盾となります。

上級、特に測定不能と戦う場合はパーティに1体必須になりますので作るべきアニマの一つです。スタンドショーとの違いは簡単に言うと全体攻撃を集められるかどうかです。しかしその分自分のターンを消費してアビリティを発動させる為

  1. ピックヘイト発動=攻撃できない
  2. 敵よりも早く行動する必要がある

という条件が付きます。それでも十分に強いのがピックヘイトです。

ピックヘイトはアニマで引き継ぐアビリティではなく、装飾品で付加するアビリティです。

ピックへイトについてはこちらで詳しく紹介しているので気になる人は見てみて下さい。

ピックヘイトの効果と使い方とオススメ装飾品

ライズピックの良い点/悪い点
  1. 全体攻撃も一人で受けることが可能
  2. 攻撃を受ける=デバフも一人で吸収可能
  3. ライズフェンスと相性が良く超防御特化
  4. 速さのステータス振りが必須
  5. 基本的にピック以外仕事ができない

スタンド型

アビリティ「スタンドショー」を引き継ぐタンク。

スタンドショー型は単体攻撃しか引き付けないですが、戦闘開始直後に判定が行われるパッシブに近いアビリティなので、発動しても自分のターンで行動が出来るのが利点です。しかし発動ターンごとに防御が下がっていくのがデメリット。

体力にステータスを割り振る「体力スタンド」

防御にステータスを割り振る「防御スタンド」

基本的に、タンクはピックヘイト型がいればほとんどの討伐で代用できるので、従来であればスタンドといえば体力スタンドの事を指すことが多いです。

何で体力に割り振る型があるのかっていうと基本的には

ライフコンバート対策(防御無視のHP割合ダメージ)です。

敵にライフコンバートを使われると、どれだけ防御に振ったピックヘイト型タンクでも一撃で吹っ飛ぶ、もしくは2発くらいで消し飛びます。更にピックヘイト型の場合はターン中他の行動が出来ない為、ヒールなどで回復することが出来ない為、対策がとれません。

これに対抗できるのはステータスを体力に振ったスタンドショーだけです。スタンドショー持ちのアニマは下記4種類。

  • エインワース(ゴーレム)
  • レピオスエルツ(ゴーレム)
  • ヴィルシーヌ(魔法)
  • リックスター冬ver(魔法)

あいにく、HP割合ダメージのライフコンバートは単体攻撃のみなので、単体しか引き付けないスタンドショーにはもってこいです。スタンドショーの特徴であるターンごとに防御が下がっていくというデメリットも、HP割合ダメージを引き付ける分には影響がないというのが非常に相性が良いですね。

スタンドの良い点/悪い点
  1. スタンドショー発動中も行動可能
  2. 速さのステータス振りがいらない
  3. 攻撃を受ける=デバフも一人で吸収可能
  4. 装備枠が自由で役割兼任が可能
  5. ターンごとに防御が低下する
  6. 全体攻撃を引き付けることができない

ちなみに最近は防御スタンドが活躍できる場も増えてきているので、アニマに余裕がある人は防御スタンドを育成してみるもの良いかも知れません。

タンクについてより詳しく知りたい人はこの記事を参考にしてみて下さい。

タンク育成まとめ(ルート/ステ振り/〆アニマ)【ななれん攻略】

③ヒーラー

アビリティ「ヒール」又は「ヒールオール」を主体にした純ヒーラー。

もしくはヒール+別アビリティの2枚看板でお送りする兼用ヒーラー。

純ヒーラー(ヒールオール引継ぎ)っていうのは現環境ではほぼ見かけません

というのも、ヒーラーに必要なアビリティであるヒールヒールオールリフルファインはA・Sのアニマでも通ることが出来る上に今や装飾品で揃えることが出来るからです。

ヒーラーを作る場合は

基本的には全体が回復できる「ヒールオール」のLv5

回復量をあげる「リフルファイン」のLv3

を搭載することが理想ですが、指南書でヒールオールLv2リフルファインLv2を取得できるものが実装されていますので、装飾品のみで8割型ヒーラーが作れてしまいます。

以上の事からブレイブーストを引き継ぎ、装飾品でヒールオールを搭載すればブレイブヒーラーに、メイルタフネスを引き継げばメイルヒーラーなど引き継いぎ次第で色々な型にハメることができます。

兼用の際の注意点

別アビリティを引き継いで装飾品でヒールを搭載した場合、引き継いだアビリティの発動が優先されるは忘れないようにしましょう。

例)ブレイブースト引継ぎの場合

ブレイブ>ヒールの優先順位の為、HPが減っている状況でもブレイブーストが使える状況だったらブレイブーストの方が優先的に発動されます。

ブレイブが必要ないのであればアビリティOFFなど状況をみて討伐に挑みましょう。

アビリティの基本や優先順位についてはこちらを参考にしてみて下さい

アビリティの基本とレベルについて

しかしここ最近はアタッカーのステータス振りが「攻撃と幸運にそれぞれ割り振って、あとはピックヘイトタンクで守ってもらう!」というのが主流の為、ヒーラーの出番が少ないんですよね。

ピックがいると基本パーティのHPが減ることがないからです。

活躍する機会があるとすれば、アタッカーをバランス型(防御をキリの良いところで調整して残りを攻撃に振る等)で育成している場合。この場合はアタッカー自体が、とんでもない火力以外は何発か敵の攻撃に堪えることが出来るので、ヒールオールで回復しながら戦う・・・という使い方が出来ます。

個人的には今の環境ではバランスアタッカーがオススメなのでヒーラー自体は需要の上がってくる型だと感じています。

ヒーラーの良い点/悪い点
  1. 必要アビリティが比較的簡単に揃う
  2. 全体回復が可能
  3. 使う場面が限られる

④バッファー

アビリティ「ブレイブースト」又は「メイルタフネス」で仲間全体のサポートをする型。

ブレイブーストは全体の攻撃UP、メイルタフネスは全体の防御UPになります。

比較的人気のある型ですが、こちらも兼用してアニマを育成する人が多いです。

バフを掛け終わった後にアタッカーとして使うサブアタッカーだったり

ブレイブ掛けながら仲間のHPが減ったら回復するブレイブヒーラーなど

使い方の幅が広く、使いやすい型です。基本的にはパーティのアタッカーより先に動く必要があるため、速さの調整は必要。

使いどころとしては

  • 敵の防御が高い場合
  • 長期戦
  • レイド戦

ドラクエで言う「スクルト」みたいなものなので、長期戦などには持ってこいです。

8人パーティのレイド戦では、この子が3ターンブレイブを掛けてくれるだけで、削れるHPの量が結構変わってきます。

2020年7月現在の限凸可能な環境だと、アタッカーの防御次第ではメイルをかければピックヘイトが必要なくなる討伐も多くあるので、個人的にこの型はオススメ!

バッファーの良い点/悪い点
  1. 役割兼任が出来る
  2. 全体の攻撃/防御UP!
  3. 器用貧乏になりやすい

⑤デバッファー

「カーズパワー」「ブレイクアーマー」「レストブロー」を駆使して敵の能力を下げる型。

3つの中でも

レストブロー>カーズとブレイク

と言った感じでしょうか。2020年1月にレストブロー持ちのオーギウスが実装されたことでデバッファーを作る人も増え増したね。

基本的には敵よりも早く行動し、デバフをぶちかます!と言った使い方です。この場合は攻撃しつつデバフを掛けるのでサブアタッカーとして使うことが多いです。

他にも倒されたときに敵の攻撃+防御を下げる「リグベイン」

ターン中全ての仲間の攻撃が必中になる「ウィルバインド」

等があります。

ウィルバインドはガンガン回避してくる測定不能などでは有効な手となります。

個人的にサブアタッカーとしても優秀だと思うので、意外とオススメ。

活躍の場としては

  • 敵が1体の時
  • レイド戦
  • 敵が耐久型

敵が1体の時はもちろん、敵の防御が高い時HPが高い時にも非常に有効です。特にレイド戦でレストブローを何発もぶち込めたら非常に役に立ちます

ただ、それ以外の討伐では短期決戦が多いので、デバッファー入れるならもう一体アタッカーを入れたほうが良いというケースが多いのも確かです。

ちなみにレストブローの場合と、カーズorブレイクの場合は育成ルートが大きく違ってくるので注意。

また別の機会に紹介します。

デバッファーの良い点/悪い点
  1. サブアタッカーとしても流用可能
  2. 敵の能力を下げて戦闘を有利に!
  3. 敵が複数の場合は使いにくい

⑥探索くん

特に考えることはありません。運に全てを振った探索用の型。

個人的に探索くんって呼んでるだけです。素材探索専用(サーチャー)ってことですね。

幸運値が高いと、探索で持ち帰ってくる素材の量が増えます

その為、探索用として幸運に全てを振り、ガンガン探索に行かせます。

作り方は何でも良いんですが、速さの高い獣族が〆に使われる事が多いです。

基本的に、運に振るだけなのでライフコンバート要員や、デバッファーなど役割を併用する場合も多いです。

探索くんの良い点/悪い点
  1. 無心で育成可能
  2. 自由な装備で役割兼任可能

何を育てれば良いか

役割を把握したところで、何を育てれば良いのか考えていきましょう!

冒頭で言いましたが、無課金の場合アニマは5体まで入手できます。

何を育てるか悩んでいるとは思いますが、ななれんを楽しむ上で重要な点はこの3つ。

  • クラス13の昇級試験の突破
  • 幅広いアロマの討伐
  • 測定不能アロマの対処

これを考えると管理人オススメの5体は・・・

  1. ヒートアタッカー
  2. タンク(スタンド型)
  3. アタッカー
  4. タンク(ヘイト型)
  5. アタッカー

こんな感じでしょうか。

時間は掛かりますが、ヒートアタッカーは最優先で育てることをオススメします。後々育てて良かったと思うはず。

3番と5番のアタッカーについてはバフアタッカー(ブレイブースト引継ぎのサブアタッカー)や、デバッファー、レイトアタッカー、でもなんでも良いですが、

こんなこと言っていますが、自由に育てられるのがななれんの面白いところなので、色んな討伐を通して足りない部分を補っていくのも良いかも知れません。

結論!

とりあえずヒートアタッカーピックヘイト型タンクを育てながら、何を育てたいか考える!ってのがオススメです。

まとめ

どんな役割があるのか、これでばっちりですね!

育てたいアニマができたけど、実際にどういうルートで育てればよいかわからないという人も多いかと思います。

という事で育成ルートについても近いうちにご紹介しますね。

3 COMMENTS

エムル

とても分かりやすく、参考になりました!
最初にヒートアタッカーから作る場合、1番最後のアニマ錬成では自分の好きなアニマで良いのでしょうか?
私は忍者くんにしようと思いますが、正しいのか悩んでいます(高いですし)

返信する
dennou-manshon

有難うございます。
エムルさんの言う通り、最後を忍者くんにしちゃって大丈夫です。
無転生からヒートを作った場合、無転目(ヒート1)、1転目(ヒート2)、2転目(ヒート3)と2転生の時点でヒートLv3で最大になります。
この場合は3転目の時点で適当なアニマに転生して、今まで上げてきたヒートLv3を引き継ぎます。そして4転目でなりたかった忍者くんに転生して〆でOKです。
アビリティLv3が最大の場合はラストの〆以外にもう一つ適当なアニマを挟む必要があります。
その場合は無転生の時に適当なアニマにしても良いですし、好きなタイミングで大丈夫です。
忍者くんことシンキロウは「リグベイン」という素晴らしいアビリティを持ってる上に速さがずば抜けているので、どんな型の〆にも使えますので是非シンキロウ目指して頑張って下さい☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です