2020年7月2日更新!

タンク育成まとめ(ルート/ステ振り/〆アニマ)【ななれん攻略】

電脳管理人です。

「アニマの役割を知って育てるアニマを考えよう」ではアニマの役割について説明しました。

今回は「タンク」についてご紹介します。

タンクにも種類があります。

この記事では以下の内容について触れていきます。

  • ステータス振り
  • 3転生までの基本ルート
  • 4転生目の属性別ルート
  • おすすめ〆アニマ

このあたりについてご紹介します。

ちょっと長いかも知れないので、面倒な人は目次から読みたいところに飛んでください。

鉄板の作り方と、自分の少し変わったタンクについてもご紹介します。

タンクの種類

「アニマの役割について」の記事で触れているので簡単に説明します。

タンクは大きく分けて2種類

  • ピックヘイト型
  • スタンド型

ライズピック型

アニマアビリティ「ライズフェンス」を3回引き継いで、装飾品で「ピックヘイト」を搭載する型になります。

優先して育てるタンクはこの型であり、全体攻撃を集めることが出来る為、必要とされる機会が非常に多いです。

強いアロマ討伐に行く時には特殊な場合を除いて必須になります。

ライズフェンス

MAXレベル:Lv3

戦闘開始直後1ターンの間防御1.5倍。

Lv3にすることで最大3ターンの間防御が1.5倍になる。

ピックヘイト

MAXレベル:Lv3

発動ターン中攻撃を自分に集中させる。全体攻撃を受けた際、2発目以降1発毎に防御-15%(敵の全体攻撃終了後元に戻る)※アビリティ発動時攻撃はできない

発動率はレベルによって上昇し

Lv1⇒40% Lv2⇒60% Lv3⇒80%となる。

スタンド型

アニマアビリティ「スタンドショー」を3回引き継ぐ型。

ピックヘイト型とは違いターン開始時に発動判定がある為、敵の速さを抜く必要がないのが利点。

スタンド型の中にも

  • 体力スタンド
  • 防御スタンド

の2種類がありますが「スタンド」と言えば体力スタンドを指す場合が多いです。

スタンドショー

MAXレベル:Lv3

発動すると自身に攻撃が集中するが、発動する度に防御が-15%
※アビリティ発動時でも攻撃可能

発動率はレベルによって上昇し

Lv1⇒40% Lv2⇒60% Lv3⇒80%となる。

タンクのステータス振り

ルートに行く前にまずステータス振りについて説明します。

ライズの場合とスタンドの場合で振り方が変わります。

ライズピックの場合

一番一般的な振り方は速さを1001以上に調整、残りを全て防御に振ります

速さは素のステータスで1001以上にするのか、相棒の耳当てなど装飾品込みで速さ1001以上にするのかは人それぞれですが、素のステータスで1001以上にするのがオススメです。

体力スタンドの場合

スタンドの場合は速さが必要ないので、シンプルに体力全振りパターンが一般的。

防御スタンドの場合

防御スタンドも体力スタンドと同様、防御全振りでOKです。

タンク育成ルート

それではポピュラーな型である

  • ライズピック型
  • 体力スタンド型
  • 防御スタンド型

これらについての各属性ごとのルートを紹介します。

基本的には必要なアビリティをLvMAXになるまで引き継いで、ラストの4転生目で使いたいアニマで〆る形になります。

ライズピック型

ライズピック3転までの育成ルート

ライズフェンスを所持しているアニマは4体

  • アヴァランテ
  • エインワース(ハロウィンver)
  • ヤズィート
  • キュベレシア

ライズフェンスのアビリティLv3MAXになりますので、4転生までに3回引き継げばOK。

どのアニマになる場合も3転生までは全て一緒です。

上記4種類のどれかに3回転生します。育てる時点でのアニマ錬成素材の価格が一番安いアニマで問題ありません。

※適当なアニマに転生するタイミングは無転生の時でも3転生目でもどこでも大丈夫です。ライズは相場を見てもそこまで値段が高くない為、無転生の時点からライズを引き継いでいくのがオススメです。

ライズピック型オススメ〆アニマ

ライズピックも、ヒートの時と同様に「ステータスが優秀」又は「アビリティが優秀」のどちらかで〆のアニマを決めましょう。

ステータスで決める場合の優先度は

  1. 防御の固有値の高さ
  2. 速さの固有値の高さ
  3. 体力の固有値の高さ

の順番で決めるのが良いですね。

一般的に多く採用されているのは体感的にこの3体。

  • ファムラウル
  • ツヴァイキリーグ
  • シンキロウ

個人的には3属性のアニマがオススメ。

理由は、測定不能のアロマは敵によってウィークアイを持っている場合があるからです。ピックヘイト不発の場合でも敵を引き付けられるケースがあるのは結構大きいです。

ファムラウル

ファムラウルはアビリティこそ攻撃寄りなものの、防御と速さの固有値の高さドラゴン属性という事が強みです。ほとんどの討伐で有利属性を取ることができ、ドラゴンに対しても同属性の為、等倍で受けることが可能。

アニマ錬成素材が非常に高いのが難点。

ツヴァイキリーグ

防御固有値が非常に高い点、アビリティ「リグベイン」が優秀な点で選ばれることが多いです。長期戦でライズフェンスが切れ、高火力の全体攻撃を受けて万が一倒された場合でも敵に攻撃・防御20%低下のデバフを掛けることが出来るので死んでも役に立ちます。ただ、あくまで保険なのでよっぽどなことがない限り発動することはないと思います。

シンキロウ

防御固有値は高くありませんが、速さ固有値が飛び抜けて高いため、その分防御に振って低い防御もある程度カバーできます。何よりも獣族の為、コラボ限定アニマを使わなくても通常ルートでスウェイクスルーを搭載できるのが長所です。アビリティもツヴァイ同様「リグベイン」なので〆のアニマとして非常に優秀です。

ある程度好きなアニマで良い

ライズフェンスを引き継いで、ほとんど防御に振っている時点でどのアニマを選んでも基本耐えることが出来るので、正直なんでも良いです。防御の固有値ある程度高いのであれば問題ないと思います。

すらいむさんの「アニマ固有値一覧」で何が良いか吟味しましょう。

ちなみに管理人はゴーレムの「チャリオール」が好きなのでこの子にしています。

ライズピック型オススメ装飾品

ライズピック型は完成した時点で装飾品込みで

  • ライズフェンスLv3
  • ピックヘイトLv3
  • スウェイクスルーLv1

この3つが取得できていればOKです。

ライズピックの装飾品に関してはこちらの記事を参考にして下さい。

ピックヘイト装備の記事はこれ!

「ピックヘイト」の効果・使い方・オススメ装備【ななれん】

ライズピック型:4転生目ルート(獣)

〆のアニマを獣族にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ラウンドゴーレム(C)

錬成素材「傾く重心」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.3
ディアフックス(B)

錬成前条件:ゴーレム

錬成素材「滑走する黄金色」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
カゲロウ(A)

錬成前条件:魔法

錬成素材「隠逸の心得」

アビリティ「スウェイクスルー」

STEP.5
自由枠(S)

ジャックロウの場合

錬成素材「蒼黒の飛音」

アビリティ「Lv1カーズパワー」

 

ターヴィ夏verの場合

錬成素材「水鉢の育学」

アビリティ「Lv1ブレイクアーマー」

STEP.6
SS獣で〆
完了

ルート説明

鉄板の防御増加+5%を2回通り、Aはカゲロウでスウェイクスルーを取得。Sは本当に何でも良いですが、自分だったら一応デバフ通ります。ピック装備外してデバフ積めば、持ち前の速さからデバッファーとしても使えるっちゃ使えます。通常のターヴィーを通っておけばヒーラーとしても使えますが、どちらも使う場面が限られるのでお好みで。

獣族はルートでスウェイクスルーを通っている分、装飾品の空きスロットが一つだけ自由に使えるので防御が不安ならステータス%増加でも良いですし、ピック不発ようにコンビネーションを積んでも良いと思います。多分8%くらいの確率で発動してくれます。

※Sで通ったアビリティは必ずOFFにしましょう。装飾品のピックヘイトより発動が優先されてしまうので注意。

ライズピック型:4転生目ルート(魔法)

〆のアニマを魔法生物にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
アクアリア(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ラウンドゴーレム(C)

錬成素材「傾く重心」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.3
ルインアーマー(B)

錬成前条件:ゴーレム魔法

錬成素材「路の遮り」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
アーマトゥラ(A)

錬成前条件:魔法ゴーレム

錬成素材「執着する概」

アビリティ「Lv1カットウォール」

STEP.5
自由枠(S)

ヴァルキュレアの場合

錬成素材「高潔な導き」

アビリティ「Lv1ブレイクアーマー」

 

ネイアディーネの場合

錬成素材「青のうねり」

アビリティ「Lv1カーズパワー」

STEP.6
SS魔法で〆
完了

ルート説明

一番安く済む方法がおそらくこのルート。道中でスウェイクが取れないので、CとBで防御増加+5%がとれればあとはなんでも良いです。

先ほど説明した獣ルート同様、デバフを通りたいのであればSで上記の2体などにしましょう。

魔法はほとんどのアニマが防御の固有値が低く、あえて魔法でライズピックを作る人はほとんどいないのが現状ですね。

 

ライズピック型:4転生目ルート(ゴーレム)

〆のアニマをゴーレムにする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
コハクロン(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ラウンドゴーレム(C)

錬成素材「傾く重心」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.3
ルインアーマー(B)

錬成前条件:ゴーレム魔法

錬成素材「路の遮り」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
ベイパースチーム(A)

錬成前条件:ゴーレム

錬成素材「駆動する文明」

アビリティ「Lv1レイジブースト」

STEP.5
自由枠(S)

ここはなんでも良いです。

STEP.6
SSゴーレムで〆
完了

ルート説明

Bまでは魔法ルートと同じです。Aはただ安いから選んでいるだけです。

他と同様デバフを取っておきたいのであればSでカーズパワー持ちのギノグラウスなどにしましょう。別にいらないのであればA~Sまでは何でも良いです。

ゴーレム防御の固有値が優秀なので選ぶ人も多いかも知れません。紹介したツヴァイキリーグ以外にもステータスのみで考えた場合、速さ固有値の高いチャリオールや、防御だけではなく体力もそこそこ高いグガランダなども良いかもしれません。

ライズピック型:4転生目ルート(無属性)

〆のアニマを無属性にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
オムプラン(C)

錬成素材「淡灯の揺れ」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.3
ファフロッシュ(B)

錬成前条件:魔法

錬成素材「かわずま乞い」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
フラシオン(A)

錬成前条件:無属魔法

錬成素材「両手の伺い」

アビリティ「Lv1プロテクション」

STEP.5
トレンタ(S)

錬成素材「形容信仰」

アビリティ「Lv1パワースイング」

 

ヘムサヘルの場合

錬成素材「条約公役」

アビリティ「Lv1カットシールド」

STEP.6
SS無属性で〆
完了

ルート説明

トレンタは錬成前条件に魔法を持っているので、オムプラン⇒ファフロッシュを通ることで防御増加+5%が可能。Sはトレンタでもヘムサヘルでもどっちでも良いです、安い方で。

無属で〆る場合、アイアンメイデン・ジャンヌが防御と体力面から非常に適していますが希少なので、防御の高さからアーカシュアがオススメ。

ちなみにアイアンメイデン・ジャンヌの場合は錬成前条件が全属性なので、必ずカゲロウを通りましょう。

ライズピック型:4転生目ルート(ドラゴン)

〆のアニマをドラゴンにする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ココトリス(C)

錬成素材「薄明のさえずり」

アビリティ「速さ増加+5%」

STEP.3
ランギルス(B)

錬成前条件:ドラゴン

錬成素材「乾生の結実」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
ロウシェン(A)

錬成前条件:ドラゴン

錬成素材「不変の三魂」

アビリティ「Lv1プロテクション」

STEP.5
自由枠(S)

ジャンヴルム、ケイリュガルどちらか安い方で問題なし。

STEP.6
好きなSSドラゴンで〆
完了

ルート説明

Bランクのドラゴンは進化前条件が「獣族」のため、Cを獣にする必要があります。しかし防御増加を持っている獣はいない為、ほとんど恩恵がありませんがCランクは速さ増加のココトリスを通りましょう。

Bランクはエリザートを選べば「早さ増加+5%」ですが、ここは防御増加のランギルスを通る方が恩恵が大きいのでこちらがオススメ。

A、Sは何でも良いです。

スタンド型

スタンド3転までの育成ルート

スタンドショーはアビリティLv3MAXになりますのでライズと同じよう4転生までに3回引き継げばOK。

ですのでどこかのタイミングで一度だけ適当なアニマに錬成させますが、スタンドショーはライズ以上に費用が掛からないので、是非無転生の時点からスタンドショーを引き継いでいきましょう。

スタンドショー持ちのアニマは下記3種類

  • エインワース
  • ヴィルシーヌ
  • リックスター冬ver

防御型スタンドも体力型スタンドも引き継ぐアニマは同じですので、同じルートで大丈夫です。

スタンド型のオススメ〆アニマ

体力スタンド防御スタンドそれぞれご説明します。

体力スタンドの場合

体力の固有値が高い方が勿論良いですが、体力スタンドはヒールを使ったり、ライフコンバート要員と兼用したりするケースが多いので、どちらかのアビリティを搭載しているSSが好ましいです。

どの属性のルートを通るかによって、AやSでとれるものが違うので説明しにくいのですが、一般的に多く採用されているのはリックスターアムラルーダです。獣族体力が高くルートでスウェイクスルーを通れるところが非常に強い点です。

リックスター

体力固有値が高く、ヒールオールを持っているためシンプルに体力スタンドとして使いやすいと思います。あと何よりも可愛いし使ってて楽しい。これは個人的な意見です、すみません。

アムラルーダ

リックスターよりも更に体力が高くライフコンバートを持っているので、装飾品をそろえればライフコンバートをLv5にすることが可能。コンバート要員として兼用しやすい良いアニマです。

その他

ほかにも、獣族で一番体力が高くシャットオーバーでダメージをカットできる「メルベルン」、魔法で体力が高くライフコンバートが使える「ネインノッカー」なんかもオススメです。

防御スタンドの場合

どうしても体力スタンド優先で育成する為、アニマ育成枠に余裕のある人くらいしか育成できないと思いますが、速さがピックを超えてくる敵単体火力しか使ってこない敵などに有効なのが防御スタンドです。

シンプルに防御固有値の高さで決めるのもありですが、スタンドの性質上発動に伴い防御が低下していくので防御を補えるようなアビリティを持ったアニマを選ぶのも良いでしょう。

現状、防御スタンドが必要な場面は乱破の混合アロマから出現する「霧隠れ朧乱破」シンキロウの測定不能「幻夢の心綺楼」あたりです。この討伐だけで考えると属性で有利なゴーレムで〆るのも悪くありませんね。

電脳管理人

ちなみに管理人は防御と体力のバランス型タンク獣アニマで〆て使ってるよん

体力スタンド型:4転生目ルート(獣)

〆のアニマを獣族にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ケルヴォルフ(C)

錬成素材「奔る好奇心」

アビリティ「体力増加+5%」

STEP.3
ライプシープ(B)

錬成前条件:ゴーレム

錬成素材「暖かな眠り」

アビリティ「体力増加+5%」

STEP.4
カゲロウ(A)

錬成前条件:魔法

錬成素材「隠逸の心得」

アビリティ「スウェイクスルー」

STEP.5
ターヴィー(S)

錬成素材「方術の修学」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

STEP.6
SS獣で〆
完了

ルート説明

CとBは体力増加、Aでスウェイクスルーは必ず通りましょう。

体力スタンドはヒールオールLv5リフルファインLv3を取得したいところ。Sでヒールオールを取得しておけばあとは装飾品でLvMAXまで持っていくことが出来るので、Sでターヴィーを通っておけばSSでヒールオール持ちを選ばず自由なアニマにすることが出来ます。

 

SSオススメアニマ

コンバート持ちのアムラルーダ、ガッツ持ちのコウコビャク、シャットオーバー持ちのメルベルン、リグベイン持ちのシンキロウなどがオススメ。

アムラルーダにすればヒールとリフルMAX、状況によってライフコンバートも装飾でLvMAXにすることが可能。

ガッツを積めるコウコビャクは保険としての価値を高め生存率を上げることが出来ますね。シンキロウにしてリグベインの保険を持っておくのも良いかもしれません。

体力スタンド型:4転生目ルート(魔法)

〆のアニマを魔法にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
アクアリア(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ウーパム(C)

錬成素材「ぷるっとデザート」

アビリティ「体力増加+5%」

STEP.3
ククラム(B)

錬成前条件:魔法ゴーレム

錬成素材「木陰の幸」

アビリティ「体力増加+5%」

STEP.4
アルルラウナ(A)

錬成前条件:魔法

錬成素材「膨れる羨望」

アビリティ「Lv1リフルファイン」

STEP.5
アルストロメリア(S)

錬成素材「開いた時節」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

 

ディックポワルの場合

錬成素材「真相への緒」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

STEP.6
SS魔法で〆
完了

ルート説明

CとBで体力増加、Aでリフルファイン、Sでヒールオールと違いスウェイクスルーを通れませんがその代わりにリフルファインを通れるので、この場合は装飾品でスウェイクスルーを搭載しましょう。

 

SSオススメアニマ

ライフコンバートが欲しければネインノッカー、リグベインが欲しければドールミアなどがオススメです。

限界まで体力を上げたいのであればベラリーチェなどでも面白いかも知れません。

体力スタンド型:4転生目ルート(ゴーレム)

〆のアニマをゴーレムにする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
コハクロン(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ケルヴォルフ(C)

錬成素材「奔る好奇心」

アビリティ「体力増加+5%」

STEP.3
スコルドゥ(B)

錬成前条件:ゴーレム

錬成素材「同腹の紋」

アビリティ「体力増加+5%」

STEP.4
自由枠(A)

特に良いアビリティがないので、なんでも良いです。

STEP.5
クリンモータ(S)

錬成前条件:ゴーレム

錬成素材「廊下の振舞い」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

STEP.6
SSゴーレムで〆
完了

ルート説明

ゴーレムルート魔法のルートと違い、スタンドで有用なアビリティはSでヒールオールを取るくらいしかできないため、スウェイクスルーを装飾で入れるためにはヒールオールかリフルファインのレベルを落とさなくてはいけません

 

オススメアニマ

そもそも、ゴーレムは体力が低いアニマが多い為、あまりオススメできません。

唯一グガランダ体力高めでライフコンバートも持っているので、適したアニマかなぁと思います。

体力スタンド:ドラゴン・無属ルートについて

あえて体力スタンドをドラゴンなどで〆ている人は見たことないですが、属性倍率を考えると悪くはないかも知れません。

ちなみに無属の場合、アイアンメイデン・ジャンヌは体力と防御が非常に高いので勿体ないですが優秀な体力スタンドになります。

しかし無属という性質上、3属性の弱点となっているためスタンドを付けなくてもウィークアイ持ちの敵をを引き付けてくれたり自然とヘイトを集めることが多いです。そう考えるとスタンドを付けなくても単体攻撃を引き付けてくれることが多いので、スタンドを付けなくても良いかなとも思います。

あと流石にあまり需要がないと思うので、ここは端折ります。

体力スタンドオススメの装飾品

体力スタンドはライフコンバートを受けつつ、回復に徹するというのが一般的な使い方です。

イシスのヴェール

回復したい時はイシスのヴェールがおすすめ。体力ステータス上げられる上にヒールオールが付いているので、リフルファインを搭載すれば立派なヒーラーに!

竜宮の耳飾り

〆のアニマをコンバートで〆れば装飾品込みでMAXのLv5にすることが出来ます。

個人的にコンバートは先手でぶち込みたいので体力よりも速さ上昇の竜宮がおすすめ。

防御スタンド型:4転生目ルート(獣)

〆のアニマを獣族にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
ニラマル(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ラウンドゴーレム(C)

錬成素材「傾く重心」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.3
ディアフックス(B)

錬成前条件:ゴーレム

錬成素材「滑走する黄金色」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
カゲロウ(A)

錬成前条件:魔法

錬成素材「隠逸の心得」

アビリティ「スウェイクスルー」

STEP.5
ターヴィー(S)

錬成素材「方術の修学」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

STEP.6
SS獣で〆
完了

ルート説明

ライズフェンス同様に防御増加とスウェイクスルーを取得。

防御スタンドでもヒールを使いたい場合はSでターヴィーを通っておいた方が良いかも知れません。

むしろ他に通るべきアビリティがないので・・・。

防御スタンド型:4転生目ルート(魔法)

〆のアニマを魔法生物にする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
アクアリア(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
オムプラン(C)

錬成素材「淡灯の揺れ」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.3
ファフロッシュ(B)

錬成前条件:魔法

錬成素材「かわずま乞い」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
アルルラウナ(A)

錬成前条件:魔法

錬成素材「膨れる羨望」

アビリティ「Lv1リフルファイン」

STEP.5
アルストロメリア(S)

錬成素材「開いた時節」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

 

ディックポワルの場合

錬成素材「真相への緒」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

ルート説明

防御増加を取りながらヒールオールとリフルファインを通ります。

ガッツで残った敵を一掃したいのであればフルアタックを積んでおくのも良いかもしれませんが使う機会があるかはわかりません笑

その場合はAでファイアドレイク、Sでモビィシエルを通りましょう。

防御スタンド型:4転生目ルート(ゴーレム)

〆のアニマをゴーレムにする場合のおすすめルート例です。

STEP.1
コハクロン(D)
ここはなんでも良いです
STEP.2
ラウンドゴーレム(C)

錬成素材「傾く重心」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.3
ルインアーマー(B)

錬成前条件:ゴーレム魔法

錬成素材「路の遮り」

アビリティ「防御増加+5%」

STEP.4
自由枠(A)

特に何でも良いです。

STEP.5
クリンモータ(S)

錬成前条件:ゴーレム

錬成素材「廊下の振舞い」

アビリティ「Lv1ヒールオール」

STEP.6
SSゴーレムで〆
完了

ルート説明

ゴーレムはヒールを取るルートがない為、AとSは自由なルートでいいかと思います。

念のためフルアタックを取っておくのもあり。

まとめ

タンクは基本パーティに必須の型であり、いるのといないのでは難易度が変わります。

限凸が来ることで今後環境がどんどん変化していくかも知れませんが、その時はその時で。

こんな情報あったらいいなっていうのがありましたらご連絡下さい。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です